営業時間・定休日
営業時間

10:00-19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

078-926-1011

 
 
住所

〒651-2144

神戸市西区小山2丁目4-10

スタッフブログ

   
2016/04/25  サービス  サービスエンジニア Oz
マルチな情報
Oz
[サービスエンジニア]
 

こんにちは!

 

このブログをご覧いただいている中には車好きな方も多いと思います。

その中で、皆様は車のどのようなところが好きですか??

デザイン

歴史

スピード

など・・・

 

私は全て大好きですが、特に機械が大好きであります。

車の構造を眺めながら1日過ごすことが出来ます。

 

 

そんなわたくしが今回は、

ALFA Giulietta

ALFA MiTo

FIAT 500X

に搭載されている”MultiAir”エンジンのご紹介をいたします。

 

”MultiAir”とは、

吸気バルブの開閉タイミングとリフト量を電子制御式油圧システムでコントロールするシステムの事です。

 

従来の1,4L16Vターボのエンジンでは、

カムシャフトと呼ばれるパーツがシリンダーと連動して動くことで吸気バルブの開閉動作をしていました。

 

MultiAirエンジンでは

吸気バルブをシリンダーの動きとは独立して油圧で制御しているので、1サイクルで

「吸気バルブを2回開ける」

「吸気バルブを全開にする」

といったような、さまざまなパターンの開閉動作を行えるのです!

 

そのため、

回転数や負荷に応じた制御が可能になり、

高出力、低燃費、そしてクリーン性能を高いレベルで実現しました。

新世代のマルチエアエンジンが創造する傑出した走りは、

日常のドライビングからスポーツドライビングなどの

幅広いシーンにおいてそのポテンシャルを余すことなく発揮します!

 

 

 

 では、実際のMultiAirエンジンを少しだけ紹介したいと思います!

エンジンカバーを外すとエンジン上部が見えます。

ちょうどこの下側にMulti Airモジュールがあります。

 

モジュールを取り外したのがこちら。

500mlのペットボトルと比較しました。

 この小さなシステムがMultiAirの心臓部です。

いつもすごいなぁと思うのですが、部品一つ一つがかなり小さく複雑に組まれています。

 

 

こんな小さな部品たちで構成されたMultiAirエンジンが

時にはやさしく、時には激しいフィーリングを作り出しているのかと思うだけで

ワクワクします。

(上の写真の部品が何なのかは次回のお楽しみ)

 

次回、MultiAir第2弾では、小さな部品などをご紹介できればと思います。

 

また、写真のMultiAirモジュールは弊店ショールームにて展示しようと考えております。

ぜひぜひ見に来てください!!

 

以上、Multiな情報 第1弾でした!!

 
2016年04月(21件)
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スタッフ
T
N
K
O
Ko
Kana
Ni
Ka
Oz
No
Asuka
Ue
Yo
ページ上部に戻る